FC2ブログ
<< 2018Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>
プロフィール

ロキ2017

Author:ロキ2017
ひっそりとこっそりと作りました。
乙女椿の花言葉は「控えめな愛」「控えめな美」。
そんなお話をつづっていければと思っています。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

cup 類くんちに行きたい!

2018.09.25 Tue

滋「ねえ、類くんちってどんな風なの?」

総「俺んちと変わんねぇな…外からだとな」

滋「それって…中は?中は!?行きた~~~い!!」

つ「たしかに中は随分とちがうよね」

滋「じゃあ、行こう!」

類「…………」

滋「つくしから類くんに頼んでよ~」

つ「えっ」
つくしは類の顔色を伺った…機嫌がいいはずがないだろうと。

類「…牧野も来るならいいよ、昨日もお昼寝したもんね、牧野♪」

滋「きゃ~~~~っ!!なになに!?つくしと類くんって付き合ってるの?」

類「どう……かな」ちらりとつくしを見る。

つ「えええーーー! ちがう、ちがうよーー」

あ・総「ひゅーひゅー」

司「ちょっと待て、昼寝ってなんだ!なんで類んちで牧野が昼寝なんだ?」

桜「お付き合いもしていないのに、殿方とお昼寝なんて…先輩は花沢さんを弄んでいるんですか?」とあきら達を見てニヤリと笑った

つ「も、も、弄んでなんて、人聞きの悪い…… ねっ類 そんなことないよね」

類「ん…俺、本気だもん」

滋「じゃ、類くんち行ってみよ~♪」

類 「……仕方ないなぁ、直ぐ帰ってよ」と、満更でも無さそうにつくしの手を引いて歩きだした。

司「おい!!類!牧野の手を離せ~~~!!」叫ぶ司を置いて全員ラウンジを後にした

一同は、意気揚々と類の家に殴り込み……いや、お邪魔した。花沢のメイド達は、つくしに親しげに微笑みかける

あ「…牧野、なんか類ん家に来慣れてるな」

メイド「牧野さま、今日もお紅茶でよろしいですか?」

つ「…ぁ…はい、いつもすみません。ありがとうございます」そんなつくしを優しく見る類。その類を苦虫を潰した様な顔で睨む司。

滋「早く類くんのお部屋に行こうよ~!」

つくしの手を引き、わけもわからない花沢邸を突き進む

つ「違うよーそっちじゃないってば」

あ「やっぱお前来慣れてるな」

司「何で類の家の中が分かるほど、来てるんだよ」

滋「そんなこといいから、早く早く」

総「おぉ!ベッドとテレビだけじゃなくなったんだな」なんとも納得行かない司がつくしを問い詰めてるうちに、勝手知ったるなんとやらでお祭りコンビは類の部屋へ…

殺風景だった類の部屋には、フカフカのラグマットが敷かれ、その上には手作りらしきクッションが幾つか置かれている。

桜「…これって先輩がこの前作ってらしたクッションですか?」

つ「た、、頼まれて作っただけなのよ。特に意味は無いから!」

司「じゃあ、俺にも作ってくれ」「じゃ、俺も」「…俺も」と続くお祭りコンビ

類「この後、父さん達のものも作ってくれるって約束だから無理だよね牧野」さも意味ありげにつくしの顔を覗き込む

つ「あ、そういえばそうだった…。この前、ご馳走して頂いたときのお礼だもんね」

類「クッションなら、あきらんちのおばさんに頼んだらいいんじゃない?きっと作ってくれるよ(リボンだらけのとか)」

つ「お礼だもん。きちんと作るよ。あっ皆んなのも一緒のお揃い作ろうか?」

滋「じゃあ、私が司のを作ってあげるよっ♪つくし、教えてね」「滋さん作れますの?」と桜子

滋「滋ちゃんに不可能という文字は無い!えへへ」

ちくちくちく…。斯くして一同は類の部屋で、大量のクッションを作るのであった。

おしまい♪





第3回連句
参加者 6人
総ターン数 43ターン
設定 類の家


スポンサーサイト

cup 君の隣に座りたい

2018.09.23 Sun

ここは、メープルのスイートルーム。飲み会にはF4・T3全員が集まっていた。

桜「何名か座る場所にご不満なようですわよ」

あ「総二郎と滋!司と類に譲ってやれ」

滋「嫌!早い者勝ちよ!私だってつくしと久しぶりに会えたんだから!」

ちなみに部屋には3人掛けのソファーが2つ。一人用の椅子は4つ。悠々と10人が座れるはず。

類「牧野は?牧野は誰と座りたいの?」と類から懇願されるように見つめられたつくしは顔を真っ赤にさせて…

もう一つの三人掛けのソファーに寝そべっている類を見つめ返した。

つ すぐに類から目を逸らしながら「べ、別に誰とでも良いけど」としどろもどろに答えた

総「じゃ、俺が隣でもいいよな、つくしちゃん❤」

類 総二郎に冷たい目を向けた後、つくしにニッコリと笑いかけ、「牧野、そこだと狭いよね?俺のところなら悠々座れるからおいで?」

それを聞いていた司。徐(おもむろ)に立ち上がり類の横にどっかと座った。

司 「牧野が、そこに座れよ!」 と自分が今さっきまで座っていたソファを譲った。

そそくさと司の座っていた椅子に移ったつくし。「もう、どこでもいいじゃん!」

つ「今度はお隣は美作さんだね」と嬉しそうにニッコリと笑いかけた。

あきらは、類、司、滋の刺さる視線をスルーして、カクテルを回した。
「取り敢えず乾杯な、皆 久しぶりぃー、乾杯!」

カンパーイ! 心の声はそれぞれだが一応全員グラスを合わせた

総「ところで、今日は優紀ちゃんは?」

桜「優紀さんは彼氏とデートですわ。ところで先輩。私、先輩の理想についてお聞きしたいですわ。先輩の理想の彼氏と旦那様はF4に例えるとどなたですの?」
ニヤリとF4を見ながら酔いがまわってきたつくしに聞いてみた。

三人掛けのソファーに背中合わせの様に座っていた類と司は急に姿勢を正し、つくしを見る。

つ F4をグルっと見回して「理想って……」と1人ブツブツと聞き取れない声で呟きだした

全員がつくしの声を拾おうと耳を澄ます中、つくしが衝撃の一言を発した。
つ「理想の旦那さまは……いない!」

ひきつったような声で総二郎が聞いた「じゃ、彼氏は?」

つ「キャハッハッハッ!!それこそいないよ~~~!!」

司「お、お、お前っ!失礼なヤツだなっ!!俺様の何が気に入らねぇんだっ!言ってみろっ!!!」

つ 「何 怒ってるのよ! そんなの全部に決まってるでしょ!」

司ががっくりする中、つくしの言葉は尚も続く。
「花沢類はマイペースだし、西門さんはエロ門だし、美作さんは人妻専門だし……。………でも…………」

全員「でも?」
つ「みんな大好き…」と言って寝てしまった

桜「これか先輩がおもてになる所以なんですわね」

F4「「「「…だな(ね)」」」」
滋 「滋ちゃんも、大好きだよーー!」
桜 「滋さん!先輩が潰れちゃいますっ」

F4全員が気持ち良さそうに眠っているつくしを優しく見つめていた。

類「俺も眠い…」
司「牧野の隣で寝るなっ!」
総「司、大声出すなよ」
あ「そうそう…」そっと立ち上がり、つくしに毛布を掛ける。
全員「おやすみ。良い夢を」

おしまい♡




第2回連句
参加者 5人
総ターン数 31ターン
シチュエーション F4がT3が宴会中 


cup ある日の出来事

2018.09.21 Fri

久しぶりの休日、つくしが家でのんびりしていると、LINEが着信を知らせた。

「あれ、道明寺だ。珍しい事もあるのね」久しぶりに目にする名前に笑みが溢れる。

つくしは、お気に入りの絵文字を打った。

司からも同じシリーズの絵文字で返ってきた。

「絵文字だけじゃ意味分かんないし!!」

つくしは、ブツブツ文句を言いながらも、更に文字を打とうとした所、インターホンが鳴った

「もう、いったい誰よ、せっかくゆっくりしてたのに!」ととりあえずスマホは脇に置く。

「はーい、どちら様?」

「遊びに来た」

なんと!そこにはとても珍しい人が……

「亜門!?」

「よぉ! 久しぶりだな、、元気にしてたか?」

「どうしたの、いきなり。何の用?とりあえず、入る?」

「否。いい…。少し話したいことがあっただけだから」

「なによ折角来たのに、上がりなよ」

「あっ、いや、俺、まだ命が惜しいし……こんなことで命を……」モゴモゴと何やら口にしながら手紙を差し出す

「何?誰から?」

亜門の様子に訝しりながらも封筒を受け取り、開封してみると…

飛行機のチケットが入っていた

それはパリ行のチケット、でも、なぜ亜門が?

つくしが幾ら「誰が?」と尋ねても、返って来るのは「行けば判る」の言葉のみ。

いくら聞いても、行けば判るの一点張り。兎に角、「何も言わずに行ってくれ」と拝み倒された。

つくしは、眉根を寄せ口を尖らせながらも、用意を始めた

あっという間に、ここはパリ シャルル・ド・ゴール空港

「勢いで来ちゃたよ…私、フランス語喋れないのに~!!」

つくしは、キョロキョロ周りを見渡していると、その名を呼ぶ声が聞こえる。「牧野!」

「えっ、なんで?あ、もしかしてさっきの道明寺からのLINEって…!」

「司が何か言ってきた?」類がにこやかに、何かを差し出す

「道明寺?……あぁぁぁーー、スマホ家に忘れて来たっ!」
「てか、道明寺とは何も話して無いんだけど…」
つくしは、類に差し出された『それ』を何の疑いも無く手にする。

それを見つめ、つくしは固まった。

それは、見覚えのある手紙だった

「これって…私が子供の頃大人になった私宛に書いた手紙?何で類が持ってるの?」

「やっぱり牧野のだったんだ。小学校の増築工事で運動場を掘り起こしたら、タイムカプセルが出て来てさ。中を開けたら、出てきた」

「タイムカプセル?って、6年生の時の?で、どうしてパリ?」

「そのわけは、ここに行けば判るよ」手渡されたのは、オリエント急行のチケットだった。

只今、オリエント急行の中。道明寺系列の建築会社で掘り起こされタイムカプセルの中の手紙は、どうやら道明寺によって類の手元に来たらしい。詳しい事は何も云ってくれなかったけど、その時の担任が、今向かってる場所に移り住んでるみたいだ。

初めて乗るオリエント急行に緊張していたつくしだが、どこか楽しげな顔で車窓を眺める類の隣で、いつしか眠り込んでいた

「牧野!着いたよ!」寝ている間に気がつけば、もう目的地に到着。

「ここどこ?」
「ストラスブルグ。凄く綺麗なストラスブルグ大聖堂っていう教会があるんだ。そこで牧野の夢を叶えてあげるよ。先生も見届けたいって。皆んなも待ってる」

「うん」つくしはニッコリと笑う。その手には、小6の時の手紙が握られている。
『大きくなったら花嫁さんになって、ずっと幸せに暮らします』と書かれてあった。
尚、日本に置き忘れてきた携帯の司のスタンプは『豚が❤を差しだしている物』だった。 

<完>




第1回連句
参加者 7人
総ターン数 40ターン
設定など一切なし


cup FRCの作品について

2018.09.19 Wed

こんばんは。
早く日が暮れるようになり、朝晩が涼しくなってきました。
さすがにサンダルはしまって、パンプスを出さねばと思いつつ、まだまだ昼間は暑いです。

さて、こちらの乙女椿以外に、別名義でもう一つブログを持っておりますが、そちらではFRCという活動を行っています。月に一度集まってあれこれテーマを決めておしゃべりするチャット会なのですが、そちらで、「連句」という試みを行いました。

「連句」とは、簡単に言えば、即興ショートショートリレーです。順番のみ決めて、即興でお話をつくります。その結果出来上がったお話をこちらでもUPすることにしました。連句の参加者は書き手の方だけでなく、読み手の方も混ざっています。

普段書く人も書かない人も、みんなドキドキして自分の番を待ち、必死で頭をひねった作品、よろしければご覧になってくださいませ。明後日21日から3話をUPします。よろしくお願いします。



cup ダンス・ダンス・ダンス あとがき

2018.09.17 Mon

こんにちは。
ダンス・ダンス・ダンス終わりました。というか、こんなに長いと思わなかったのでは?
自分でも、思いついたときは短編だな、と思ってました。

おしらせにも書いた通り、バレエの舞台を見ながら、ふと「総二郎が仕舞を踊る」という言葉が浮かびました。LINEのグループに東京にバレエ見に来てるよ、と言ったところ、白タイツとチュチュの話が出て、あきらくんが一番白タイツ似合いそう、と言われました。で、それをお話にしたのがあきら編です。これはすんなり書けました。

問題が総二郎編でした。「仕舞を踊る」ってイメージしたものの、仕舞、というのが具体的に説明できない。ひたすらネットで検索しました。日舞ではなく仕舞にしたのは、そのほうが地味だと思ったから。軟派なイメージの総二郎に男らしく踊って欲しかったんです。が、見たことないから、書けない。なので、えらく説明ばかりの話になってしまいました。これは、私のイメージの仕舞、なので、実際は違う所が多々あると思います。妄想の仕舞、だとお考え下さいませ。

実は、慎弥にはモデルがいます。仕事先にお能のワキ方の方がいらっしゃるんですが、いつも袴と雪駄姿。にこにこしてらっしゃる穏やかな方です。直接お話したことはありませんが、端正な振る舞いがカッコいいな、と思ってみてました。

で、庶民の踊りは盆踊り。つくしちゃんです。小学校のグラウンドとかでやってるイメージです。ただ、最近の音頭を知らない。ドラえもん音頭はともかく、ボン・ジョビで踊ったって、ニュースでやってて、驚きました。盆踊りだから、お盆の話なのに、9月になってしまいました。すみません。

庶民の踊りにはフォークダンスも思いついたんですが、マイムマイムとか踊るF4…うーん、だめだ、お話が思いつかない。なので、浴衣で盆踊りになったわけです。

ビンゴで、ひたすら穴があくのに、揃わない、あれは私です。穴だらけなのに見事にそろわない。いくつもリーチがあるけど、そのまま終わり、です。くじ運がないです。

だらだらと続いた話で、まとまりがないですが、この夏はこれで終わり。しょうもない話ですが、読んでいただいた方、本当にありがとうございました。


次はいい加減書き終えたいお話があるんですけど、いつになるやら。
お暇があったら、覗いてやってくださいませ。

ありがとうございました。


NEXT